製品・サービス

ソリューションサービス

見える化サービス

IBM iアプリケーション解析ソフトウェア「X-Analysis」を使用し
IBM iアプリケーション資産を分析、リソースの可視化を行います。

「2025年の崖」を乗り越える為、可視化資料を提供します。
システムを様々な課題を解決に導きます。分析作業の工数削減の手助けします。

サービス概要

資料ダウンロード

こんな課題を抱えた
企業様におすすめです

  • ブラックボックス化
    された資産管理

  • 不十分なマネジメント
    による問題の先送り

  • 有識者の退職、
    委託会社の廃業などによる
    ノウハウの喪失

  • レガシー化した
    システム対応

1.属人化・ブラックボックス化の進んだシステムを抱える
→ 軽微な調査・改修にも、大きなコストがかかる
2.設計書等のシステム文書の不在・整備不良
→ 保守の後任担当者への引継ぎが難しくなる
3.現状のシステム規模の把握、整備を進め、攻めのシステム投資を進めたい
→ 不要資源が存在すると、システム把握の範囲が余分に広がり、適切な理解の妨げとなる

サービスによる提供資料(一例

ドキュメントの一例

  • CRUD図
  • DB更新マトリックス
  • All Object(オブジェクトリスト)
  • Object Where Used(オブジェクト影響範囲詳細)
  • Data Flow Diagram(データフローダイアグラム)
  • Structure Chart Diagram(ストラクチャチャートダイアグラム)
  • Screen/Print Rayout(画面/帳票レイアウト)
  • Pseudo Code(擬似コード)
  • Program Structure Chart(プログラム構造図)
  • Data Model Diagram(データモデルダイアグラム)
  • LF/Access Path Details(論理ファイル/アクセスパス詳細)
  • File Field details(ファイルフィールド詳細
  • 輸入元

  • ディストリビューター

pagetop